年齢が出やすい顔のたるみ|弾けるような素肌に感極まる

石鹸で乾燥肌対策

石鹸

うるおいがアップする

洗顔石鹸は肌に優しく低刺激なので、美容にこだわりのある人を中心に人気です。毎日クレンジングやダブル洗顔を繰り返せば、それだけ肌に負担になります。強力な洗浄効果があるためセラミドが流れ落ち、乾燥してシワやたるみに繋がります。しかし、洗顔石鹸は必要以上に汚れを落とさない性質があります。肌をいたわって洗うことができるので、乾燥、シワ、たるみの予防ができます。最近は無添加の洗顔石鹸がブームです。合成界面活性剤や香料や着色料などを一切使っていない洗顔石鹸なので、赤ちゃんでも使うことができます。皮脂を落としすぎない洗顔石鹸を使い続ければ、自然に肌のうるおい度がアップします。そして自然に皮脂バリアが作られて乾燥肌の改善ができます。

洗顔するときのコツ

洗顔石鹸を使っていてもゴシゴシこすって洗うと肌に負担になります。こすることは乾燥肌悪化に繋がります。洗顔石鹸はそのまま使うのではなく、必ずよく泡立ててから使う必要があります。濃厚な泡を作れば、洗う時に少ない摩擦で汚れや皮脂を浮かして落とすことができます。洗い流すときの水の温度を調整することで、皮脂や汚れの落ち具合を調整できます。温度が低いほど汚れが落ちにくくなり、温度が高いほど汚れが落ちやすくなります。熱いお湯で洗うと必要以上に皮脂が落ちてしまうので、普段は人肌程度のぬるま湯がベストです。乾燥がひどい人は冷たい水で洗うと皮脂の落ちすぎを予防できます。ただし、水だと洗顔石鹸の泡立ちが悪くなるので、泡を作るときだけお湯を使うのがお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加